稲葉くんお誕生日おめでとう!


1990年10月17日生まれ今日で17歳になりました!

 

...先月、私も同じようなことを言っていました。

ここまで来ると17歳と言いたいよね、稲葉くん。笑

 

 

稲葉光くん、27歳のお誕生日おめでとうございます。

 

 

初めてステージに立つ稲葉くんを見たのは18歳でした。

ただでさえ背が高くて目立つのに、髪の毛盛り盛りで、眉毛が細くて、怖そうなイメージでした。

 

それが、2016年12月号のWinkup

稲葉くん・福士くん・如恵留くん・しめちゃん・閑也くんの座談会での稲葉くんの発言。

 

「あるよね、そういう時期。世の中すべてのことに反発したくなるっていうかさ」

「そういう時期を経験してこそ、目に見えない絆みたいなものが生まれるわけだからさ」

 

いつの間にか立派なお兄さんになられて感動してしまいました。

 

 

当たり前ですけど、友達でも何でもないのに、同い年だからか勝手に親近感がわいてしまうのが稲葉くんです。

そして夢の中でいつも恋をしています。笑

「バカじゃないの!?」ばかり言っていて素直になれません。

私の気持ちに気づいて、稲葉くん。(気持ちが悪い)

 

 

冗談はさておき、同い年の稲葉くんがリーダーとしてグループを引っ張ったり、支えたりしながら、活躍している姿を見ると、自分ももっと仕事頑張ろうって思うのです。

MADEは来年5月には結成10周年!

更なる活躍を期待しています!

 

改めて稲葉物置くん、お誕生日おめでとうございます。

素敵な27歳を!

頑張ろうアラサー!!!

宇宙Six単独公演

宇宙Six単独公演初日おめでとうございます。

そして幸大くん。

初の単独公演、本当に本当におめでとう。

遂にこの日が来ましたね。

ずっとずっと待っていました。

 

こんな日に言うことじゃないけれど...

本当は1度でもいいから“MAD”として単独公演をする彼らが見たかったんです。

どうしてもどうしても見たかった。

ずっと応援することができるグループではないと分かっているから“MAD”の単独公演を見られたら、もう悔いはないなと思っていました。

もう“MAD”がなくなって1年半もたつのに、ずっと引きずってきました。

 

でも今回のTVfanでの幸大くんの言葉。

「僕はJr.内の大所帯グループから始まっていろんな経験をしてきて~」

宇宙Sixは今の自分にとって本当になくてはならないし、だからこそグループで絶対大きくなりたい」

 

もう「えむえーでぃー」という言葉を幸大くんの口から聞くことはできないかもしれません。

でも、えむえーでぃーとして過ごした日々があったから今の幸大くんがいると思います。

そして「何よりグループ名がなくならなかったことがよかった」と言ってくれるくらい、いつもグループを大切にしてくれた幸大くん。

そんな幸大くんが「宇宙Sixで絶対に大きくなりたい」と、宇宙Sixをすごく大切にしているんだなと感じたので、私も前を向こうと改めて思いました。

ファンはついていくことしかできませんから!

 

でも、本当に本当に勝手な意見ですけど、この公演は「“MAD”の単独公演が見たい」と願ってきた“MAD”ファンの気持ちも乗せた公演でもあるんじゃないかなって思います。

 だから幸大くんが最高の笑顔で、最高のパフォーマンスをしてくれることを願っています。

いや、絶対そうなりますよね!

 

宇宙Sixが大好きになれる最高の公演になりますように。

幸大くん お誕生日おめでとう

幸大くん、28歳のお誕生日おめでとうございます。


正直に言います。

今年もこうやって幸大くんのお誕生日のお祝いをできるとは思っていなかったんです。


幸大くんがよく言ってくれる言葉。

「ずっと一緒」

その言葉を信じています。


でも昨年は、クリエの出演者に名前がなかったり。

ABC座に出られなかったり。

They武道やMADEが載っている雑誌に、一緒に載らなかったり。


私はネガティブ思考なので、考えたくないけど、覚悟を決めなくてはいけないかなって。

よく「泣くのは最後でいいんだから、今は泣かない」って思っていました。


応援しているほうがこんな気持ちになるのだから、幸大くん本人はもっと悔しかったり、辛かったりしたろうなと思います。

だからこそ28歳の幸大くんには、昨年の悔しさを挽回できるくらい活躍の場が増えることを願っています。


幸大くんの素敵だなと思うところ3つ挙げてみます。

①感謝の気持ちを言葉にしてくれるところ

心で思っていても、言葉に出さなくては相手にはなかなか伝わらないと思います。

「ありがとう」と言われたくて応援しているわけではないけれど、でもやっぱり幸大くんが「ありがとう」と言ってくれると、「ありがとう」と言える人を応援していてよかったなと思えます。


②応援していている人たちの気持ちをわかってくれているところ

応援している人の気持ちをわかってくれているからこそ、「ずっと一緒」と言ってくれるのだろうなと思います。

「こうしたら応援している人たちが安心してくれるかな」と、わかってくれている、考えてくれているのが伝わります。


③損得で人間関係を選ばないところ

活動が少なかった時期、色々な先輩方が幸大くんの話題を出してくれて、幸大くんが元気なことがわかりました。

これは、紛れもなく幸大くんがこれまで築いてきた信頼関係だと思います。


幸大くん、辛い時期を乗り越え、今年もこうやってお誕生日をお祝いさせてくれてありがとう。

この先、幸大くんがどんな道を選んでも、こんなにもたくさんの思い出をくれた幸大くんにはもう「ありがとう」しかありません。

幸大くんの人生は幸大くんのものだから。

でも、幸大くんがこれからも「ずっと一緒」と言ってくれるのなら、私ももっとポジティブになって、その言葉を信じて応援したいと思います。

幸大くんが、宇宙Sixが、もっともっと活躍できるように、もっともっと応援したいと思います。


その名の通りに、28歳の幸大くんが大きな幸せで包まれますように。

応援させてくれてありがとう。

なうぇすと

今年初めてのジャニーズ活動

f:id:ik_3113:20170103225516j:plain

仲良し同期に誘ってもらって、ジャニーズWESTのコンサートに行ってきました。

知っている曲は少ないのですが、それでもとにかく楽しかったと思えるコンサートでした。



MCで藤井くんが幸大くんの名前を出してくれました。

「紅白の後、相葉くんの家で相葉会を開催。
メンバーは、相葉くん・横山くん・風間くん・松崎くん・藤井くん・幸大くん。
相葉くんのお母さん手作りのお節を食べた。」

・・・と私は解釈したのですが、全員が元旦に集合したのかは確かではないのかもしれません。

誤った情報でしたら、すみません。
詳しくは藤井くんに聞いてください!笑



ジャニーズWESTのコンサート、すごく温かい気持ちになれました。

本当にニュアンスでしか覚えてないんですけど、

中間「明日からも皆が頑張れるようにこの歌を送ります」

桐山「僕らを見ると頑張れると思えるようなグループになりたいです」

重岡「応援したいときに応援してください。僕らがダメなときは怒ってください。2017年も頑張りましょう!!」

明日からの仕事が憂鬱な私は涙が出そうになりました。

みんなの笑顔が素敵で、元気を貰えて、これがアイドルだって思いました。

その気持ちをずっと忘れないでほしいです。

関西ジャニーズJrの子たちも、みんな一生懸命踊って、会場を盛り上げていて、見ていてとっても気持ちがよかったです。



明日からの仕事が憂鬱だけど…
今日のコンサートから貰った力で頑張りたいです。

2017年

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

今年も、幸大くんだの、阿部くんだの、最近熱が復活した二宮だの、なんだのかんだの言って、一体あなたは誰が好きなんだって感じだと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。



大晦日の夜は紅白を見て過ごしました。

f:id:ik_3113:20170102162708j:plain

嵐の姿を見て、胸がいっぱいになりました。



そして、相葉くん。
司会お疲れ様でした。

ものすごいプレッシャーだったと思います。

色々な意見があるんだろうけど、
私は「相葉ちゃん、お疲れ様」と言いたいです。



紅白の後は、ジャニーズカウントダウン

宇宙Six

f:id:ik_3113:20170102214300j:plain

TAKE ME HIGHERのバック嬉しい!

f:id:ik_3113:20170102214446j:plain

「2017年、宇宙Sixが絶対活躍できる!」と思えたカウコンでした。



f:id:ik_3113:20170102214958j:plain

この衣装、にのはお買上げかな。笑



笑顔がいっぱいの1年になりますように。

嵐のみんなへ

嵐に対する私の気持ち書いてみました。





ある日、本屋さんでMyojoをパラパラと見ていたら

「この人かっこいい!」

f:id:ik_3113:20161231132541j:plain

相葉ちゃんに一目惚れ。

いや、この写真ではなくて、このときにのあいで気球に載った写真があったと思うんです。

それ見てです。笑

当時小学生。
「お母さん!この本買って!」ってお願いしました。

多分これが嵐を好きになったきっかけだと思います。






嵐を好きになって、初めて録画した番組

Mステのスーパーライブ

f:id:ik_3113:20161231153148j:plain

この頃は年末のどの歌番組もトップバッター




2001-2002のカウントダウンコンサート

f:id:ik_3113:20161231154154j:plain

f:id:ik_3113:20161231154211j:plain

この背中に

「5年後、あなたたちのファンで東京ドームを満員にするんだよ」

って教えてあげたい。




ピカ☆ンチ

f:id:ik_3113:20161231181201j:plain

映画が終わった後に、嵐本人がそこにいるわけじゃないのに、会場みんなが拍手していて、本当に温かい空間でした。




初めての24時間テレビのメインパーソナリティ

f:id:ik_3113:20161231151709j:plain

「トップになりたいって夢絶対叶えようね」

私にとってのトップはいつだって嵐だったよ。




大好きないざッ、NOWコン

f:id:ik_3113:20161231183546j:plain

いつかまた「途中下車」を聞きたい。




もう嵐の思い出を書いていくとキリがない!

紅白始まってしまうので、ここら辺りにしておきます。笑



2007~2008年頃から、嵐はどんどん大きくなっていきましたね。

嵐は何にも変わっていない。

そう分かっていても、子どもの私は喜びよりも寂しさが勝ってしまって。

布団を頭まで被って泣いた夜もありました。笑

そして5×10のコンサートを見て、嵐から離れてしまいました。




今日ずっとこれ書いてるんですけど、何回書いてもここから下がまとまらなくて。

もうただ一言。

今年気がついたけど、私はやっぱり嵐が好きなんだ。





そんな嵐が紅白の大トリ。

こういう気持ちを「感慨深い」と言うのかな。

年を重ねた今は、どんなときも嵐は何も変わらない嵐だって思えるから。

(...本当は時々昔に戻りたいと思うけど。笑)

だから今日は素直に応援できるはず!

昔のファンはテレビの前で応援しています。




嵐を応援してよかった。

2016年を振り返る

仕事納めでした。

今年も残すところあと2日。

もうすぐ今日も終わってしまうから、あと1日かぁ。

そんな感じがしないけれど、2016年を振り返ってみることにします。



まずカウコンで元気に踊る幸大くんを見て、ほっとした1月1日。

f:id:ik_3113:20161230211323j:plain

センターオブ松本幸大
最高にかっこいい!



そしてカウコンを見てもうひとつの気持ち。

NEWSニッポンを歌う嵐の声を聞いたとき
「あ、嵐だ」
「私この声を聞いて年取ってきたんだよなぁ」
ってなぜか泣きそうになった1月1日でもありました。

f:id:ik_3113:20161230230421j:plain



クリエ出演者の発表があったのは2月頃でしたっけ?

諦め悪いのは分かっているし、もう一生叶わないのも分かっているけど、どうしても“MAD”の単独公演が見たかった。

そんな気持ちを救ってくれたのはThey武道でした。

クリエ出演者の中に幸大くんの名前がなくて残念だけど、来年はまたクリエのステージに立てるように応援頑張ろうって思っていたら、They武道のクリエに出演するというまさかのサプライズ。

f:id:ik_3113:20161230231229j:plain

単独公演という大切なステージに一緒に立たせてくれた林くん、山本くん、江田ちゃん。
改めて本当にありがとうございました。

これだけでびっくりしたのに、11月にもっともっと驚くことになるなんて思いもしなかったです。



夏は7月にサマステ、8月にA.B.C-Zのコンサート。

どちらも楽しかったなぁ。

私、コンサート行ってもほとんど声出さないんですけど、サマステは「阿部ちゃーーーん!!!」ってキャーキャーしたなぁ。笑

f:id:ik_3113:20161230232036j:plain

阿部くん、ありがとう!



9月はチケットを譲っていただいて、アンダースタディを観に行くことができました。

ありがとうございました。

f:id:ik_3113:20161230232637j:plain

自分の誕生日前日入れて嬉しかった少年たち

f:id:ik_3113:20161230232942j:plain



そして、11月11日にまさかの大サプライズ

f:id:ik_3113:20161230233511j:plain

宇宙Sixの結成

これからが楽しみですね。

宇宙Sixが大きくなっていくことを喜んであげられるファンになりたいと思います。



今年は仕事の面で悩んで、色んなところで愚痴をはいて、周りの人に迷惑や心配をかけてしまいました。

でもこんな風に振り返ると、楽しく過ごしていたんだなぁって思います。

ずっとお会いしたいと思っていたフォロワーさんともお会いすることができて、嬉しい1年でした。

ありがとうございました。



2016年も大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。